便秘だけじゃない?お腹にガスが溜まる原因

腸内環境の悪化 | お腹にガスが溜まる原因

お腹にガスが溜まる大きな原因の1つに、腸内環境の悪化があります。腸内環境の悪化というのは腸の内部に住み着いている常在菌のバランスが悪くなることです。

善玉菌が優位だと腸内環境が良い

お腹にガスが溜まる原因と腸内環境の悪化

腸内にはさまざまな常在菌が住み着いています。

 

それらは大きく善玉菌と悪玉菌とに分けることができます。

 

腸内で善玉菌が数を増やして優位になっている時は腸内環境がよい時です。

 

このような時にはガスはそれほど溜まりませんし、万が一オナラとして出てもあまり臭いはしません。

善玉菌 悪玉菌
ビフィズス菌、乳酸桿菌、乳酸乳、コプロコッカス、ルミノコッカス 腸菌、ウェルス菌、ブドウ球菌、クロストリジウム、腸球菌、ビブリオ菌

常在菌の食べ物は、善玉菌は主に糖類を主食として増殖しますが、悪玉菌の方はタンパク質が好物です。

 

そのため肉料理ばかりを食べている人の腸内環境は悪玉菌が優勢になりやすいので注意が必要です。

腸内で発生したガスが病気の原因にも

お腹にガスが溜まる原因と腸内環境の悪化

食生活のバランスの偏りや、肉類を中心とした食事、揚げ物などのような脂こいものが多い食事を続けていると、腸内で好物のタンパク質を摂取して腐敗を起こす可能性も。

 

またアンモニア、インドール、スカトール、発癌物質であるフェノール、硫化水素、アミンなどさまざまな有害物質のガスを発生させます。

 

こうした有害物質であるガスは、オナラなどとして排出されれば問題ありませんが、あまりに量が多いと腸の血管を通じて体内に再吸収され身体のいたるところで悪さをします。

 

最近の研究ではがんの発生やアレルギー、肝臓の疾患など多くの病気の影に腸内で発生した有毒なガスが関連しているということがわかってきました。

 

腸内環境を改善するにはビフィズス菌のエサとなる乳酸菌を含む食品やヨーグルト、チーズなどを食べる習慣をつけるようにするとよいでしょう。

 

善玉菌が優位に立つとホルモンバランスも良くなり、腸のぜん動運動も活発になるのでガスの量が減るとともに臭いも臭くなくなります。

ガスが発生しやすい食物 | お腹にガスが溜まる原因

お腹にガスが溜まる原因として、ガスが発生しやすい食物を大量に食べるというものがあります。

ガスが溜まりやすい食物

豆類、サツマイモ、ジャガイモ、サトイモなどのイモ類、セロリ、ゴボウ、ヨーグルト、オリゴ糖など

早食いはガスを発生してしまう

お腹にガスが溜まる原因と食物

また飲み物では牛乳や炭酸を多く含んだものなどがあげられます。

 

他にも食べ物というのではありませんが喫煙やガムをかむなどの行為は体内のたくさんのガスを溜める原因となります。

 

こうしたお腹にガスが溜まる食物のリストの中に、ヨーグルトやオリゴ糖などが含まれているのを見て意外に感じる人も多いと思います。

 

しかしこれらは善玉菌のエサとなる食べ物ですので気にする必要はありません。

 

また同じ豆類の料理を食べる際でもゆっくりとよく噛んで食べるとガスが体内で発生しにくいのに対して、早食いをする人ではひじょうに多くのガスが発生してしまうというデータがあります。

よく咀嚼するとガスが溜まりにくい

お腹にガスが溜まる原因と食物

そのため一概に特定の食物のみを取り上げて、これはダメというような区別をするのではなく、栄養バランスをまず第一に考えること。

 

その後でガスを発生しやすい食物についてはできる限りよく噛んでゆっくり食べるようにするのが正しいやり方でしょう。

 

このように食物をよく噛むと唾液が大量に分泌されるために消化が早まり、胃での消化もスムーズに行われます。

 

さらに腸でも栄養分が効率的に吸収されて良いこと尽くめとなります。口で食物をよく咀嚼すると、腸が活発に働くようになります

 

これはガスが溜まるのを防ぐためにはひじょうに大切なことです。

 

こうした消化の良いサークルを保っている間は、ガスの発生も少なくて快適に過ごせますが、反対に肉類中心の料理をガツガツと早食いすると、とたんに消化も吸収も滞りがちになり、強烈な臭いを持ったガスが大量に腸の中で溜まるという負の循環となってしまいます。

便秘 | お腹にガスが溜まる原因

若い女性などで便秘がちの人は、お腹にガスが溜まりやすいという悩みを抱えている人がたくさんいます。実は便秘は体内にガスが溜まる大きな原因の1つなのです。

便秘でお腹の中にガスが溜まってしまう

お腹にガスが溜まる原因と便秘

便秘を解消するためには食物繊維が重要です。

 

そこで便秘がちの人はより多くの食物繊維を含む食品をとるように心がけます。しかしここが重要なポイントです。

 

確かに便秘を解消する上では豊富な食物繊維の摂取は欠かせません。

 

しかし食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維とがあります。これらをバランスよくとれば便のボリュームが増えるため便秘解消のよい方法になります。

 

しかし時にはこうしたことが裏目に出てしまうこともあるのです。

 

便秘が続くと肛門の近くに便が溜まります。この便は長い時間腸内部に居続けたため水分を通常よりも多く抜き取られてカチンカチンになっています。

 

こうなると固い便のかたまりが出口である肛門や直腸をふさいでしまう形になってしまいます。

 

一方では豊富な食物繊維をとったため腸の中では腐敗が進み毒素を含むガスが大量に発生します。

 

これではお腹はポッコリ目で見てもわかるくらい飛び出して、しかも膨満感でひじょうに苦しい思いをすることになります。

水溶性食物繊維を中心に摂ること

お腹にガスが溜まる原因と便秘

実際に腸内で何日かたった便を排出する際には、肛門が裂けるかと思うほどひじょうに大きな痛みを感じることがあります。

 

実際にこの時に肛門が裂けることで切れ痔などに進行する人も少なくありません。

 

もう1つ注目して欲しいのは、この慰留便が排出される時のエネルギーです。

 

まるでシャンパンの栓を抜く時のようにポンと音がするほどの勢いで肛門から飛び出します。またよく見てみると最初に出た固い便の後に続いていたのは以外にも下痢便や軟便だったりします。

 

つまり下痢や軟便が脳に排出させよという信号を送っていたためにひじょうに苦しい膨満感が続いていたのです。

 

便秘とガスが作り出す負の連鎖。こうならないためには食物繊維でも水溶性食物繊維などを中心にしてあまり便秘が長くならないうちに出なくてもよいのでトイレに入る習慣をつけましょう

 

水溶性食物繊維は納豆、オクラ、山芋などに豊富に含まれています。

呑気症(空気嚥下症) | お腹にガスが溜まる原因

お腹にガスが溜まる原因の1つに呑気症(空気嚥下症)と呼ばれる症状があります。人が緊張をした時に「息を飲むような・・・」という表現を用いることがあります。しかしこれは表現ばかりではなくて、実際に空気を飲み込んでいるのです。

 

これによってお腹に溜まった空気は腸や胃の中でガスとなり、膨満感や腹痛、イライラなどの症状となって現れるのです。

奥歯を喰いしばる人になりやすい

お腹にガスが溜まる原因と空気嚥下症

人間はまた奥歯を食いしばる時にも空気を飲み込むように身体の仕組みができています。

 

そのためお腹にガスが溜まるという人を対象にして調査をすると、たいていの場合知らず知らずのうちに奥歯を喰いしばる癖があることがわかります。

 

また緊張した時やストレスにさらされているような時にもやはり奥歯をかみ締めると同時に多くの空気を飲み込んでいるのです。

 

こうした呑気症や空気嚥下症の人の場合には、内科や外科などを受診してもたいていは異常なしで終わってしまいます。

空気嚥下症は一種の癖

お腹にガスが溜まる原因と空気嚥下症

呑気症や空気嚥下症はからだの疾患ではなく一種の癖です。そのため受診するとすれば心療内科がふさわしいでしょう。

 

呑気症や空気嚥下症飲み分け方としては舌を見た際に舌の両端に歯のギザギザが付いているようであれば奥歯を喰いしばる癖があると思ってよいでしょう。

 

お腹にガスが溜まるとひじょうにつらい思いをします。

 

しかしそれでも苦しみを乗り切ろうとするとさらに緊張して余計に空気を飲み込んでしまうことがあります。こうなると負の連鎖となって悪循環です。

 

自分で考えてみて呑気症や空気嚥下症課も知れないなと感じたら、まずはおおらかに気分を持つように、気分転換することを考えましょう。

運動不足 | お腹にガスが溜まる原因

お腹にガスが溜まる原因で忘れてはならないのが運動不足によるものです。運動不足の日々が続くと身体全体の各臓器の働きも弱くなります。これは消費に見合ったエネルギーさえ身体の中を循環していればそれで済むからです。

運動不足だと腸の機能も低下

お腹にガスが溜まる原因と運動不足

しかし同じことが胃腸でも起こります。そうすると腸の働きが弱くなり、ガスを吸収したり栄養分を吸収する力が低下してきます。

 

腸の働きが弱まるということは、腸に栄養分を送る血管の中も滞りがちということになります。

 

このような状態ではガスが吸収されたとしても、溜まった便がすでに腐敗しているため、発生した毒物なども一緒に吸収されることになり、肌に異変が現れるなどといったさまざまな症状が出てくるようになります。

 

運動不足によって引き起こされた不調であれば、やはり運動を行うというのがベストです。

 

とはいえ仕事や家事で満足に運動できるような時間も余裕もないという人も多くいることでしょう。

ウォーキングやストレッチがおすすめ

お腹にガスが溜まる原因と運動不足

そこでおすすめなのがウォーキングです。サラリーマンの場合なら1駅ウォーキングがおすすめです。

 

これは毎朝30分程度早く起きて電車やバスの1駅分を歩くというものです。朝はただでさえあわただしい時間なので、歩くスピードも自然と速くなります。

 

しかしこの早足のウォーキングが最も効率のよい運動となることが医学的にも証明されています。

 

また外に出る機会の少ない主婦の場合には軽いストレッチを朝と夜の2回行うことでずいぶんと排便がスムーズになりお腹にガスも溜まりにくくなります

 

またまる1日お休みというような時には、のんびりと何もしないで家で過ごすのではなく外に出るようにしましょう。

 

都会に住んでいる人ならウィンドウショッピング、周囲を緑で囲まれている人ならハイキングがよいでしょう。

 

うっすらと汗をかいて歩いているとお腹の中が動き出し、歩きながらプリプリとおならが出てくることもありますが、雑踏の中であればだれにも迷惑かけることはありません。

 

気兼ねせずおならができるということは本当にすばらしい快感です。

ストレス | お腹にガスが溜まる原因

現代人を最もさいなんでいるもの、それはさまざまなストレスでしょう。ストレスはどのような状況にいてもあるものです。

ストレスで腸内環境も悪化

お腹にガスが溜まる原因とストレス

サラリーマンの人の職場はストレスのデパートのようなものですし、主婦であってもご近所づきあいや子供の進学のことなど気になることは尽きません。

 

こうしたストレスはお腹に溜まるガスの原因の1つとなっているのです。

 

ストレスは大きなものから小さなものまでたくさんあります。特に現代人ばかりがストレスの餌食となっているわけではありません。

 

もちろん昔の人にもストレスはあったに違いありません。しかしさまざまに産業や文明が発達するとストレスはより大きくなります。

ストレスは悪玉菌を優位にする

お腹にガスが溜まる原因とストレス

ストレスとお腹のガスとのメカニズムはどのようなことかというと、まずストレスを人が感知すると自律神経に影響を及ぼすようになります。

 

自律神経は交感神経と副交感神経とで成り立っています。この2つの神経のバランスがうまく取れていれば腸の働きは円滑で、余分なガスは放出されません。

 

しかしストレスによって影響を受けた自律神経はすぐにバランスを崩してしまいます。そのために腸内環境が悪化してしまいます。

 

腸内環境は常在菌と呼ばれる菌類の住家ですが、善玉菌と悪玉菌とで構成されており、ストレスはこのうち悪玉菌を優位にする傾向があるのです。

 

そうすると腸内環境は悪化し有毒なガスなどが溜まるようになります。このようなことがあるためたとえ小さなストレスであっても解消することが肝心です。

生理前| お腹にガスが溜まる原因

女性は男性よりもお腹にガスが溜まりやすいと言われます。これは女性はどうしても運動不足になりやすいことと、もう1つ生理があることに原因があると思われます。

血液の流れが鈍くなりガスが溜まる

お腹にガスが溜まる原因と生理前

生理前の女性の身体ではどのようなことが起こっているのかというと、卵巣と子宮が受精卵をむかえる準備をするために膨張しています。

 

人体の構造図などを見てみれば分かることですが、子宮や卵巣はすきまもなく腸などの臓器と隣り合っています。

 

このため子宮や卵巣が肥大した分腸は押し付けられる形になり、腸の表面を張り巡らしている血管の中の血液は流れが鈍くなります。こうなると腸内の環境は急速に悪化してしまいます。

 

このようなことは妊娠した際にも同じようなことが起こります。

妊娠した場合もガスが溜まりやすくなる

お腹にガスが溜まる原因と生理前

妊娠すると肥大してくる卵巣や子宮に周囲の臓器が圧迫されて、やはりこの場合もガスが溜まりやすくなります

 

また血流が弱くなった腸の中では、ぜん動運動と呼ばれる腸の最も重要な働きが阻害されてしまいます。

 

腸の働きが停滞気味になると、腸の内容物はふだんより余計に残留することになり腐敗が始まります。

 

こうして発生した腐敗によるガスと、悪玉菌が優勢になることによって発生するガスは人体にとっていずれもよくないものです。

 

しかしこうしたガスがあまりに多く溜まってしまうとお腹ポッコリとなると同時に、毒素などの有害なガスが腸の血管から吸収され、全身をめぐることになるのです。全身のむくみや肌の荒れはこうしてできてしまうのです。

長時間のデスクワーク | お腹にガスが溜まる原因

人間の身体の中には健康な人であっても約200ミリリットルのガスが溜まっているといわれます。こうしたガスのほとんどは食事の際に食物と一緒に入ったか、あるいはつばを飲み込む時などに一緒に入り込むものです。

長時間座っていると腸を圧迫する

お腹にガスが溜まる原因とデスクワーク

腸が活発に働いておりさえすればこうしたガスは呼気やゲップあるいは肌から自然と体外に出て行ってしまうものです。

 

しかし長時間のデスクワークや1日中同じ姿勢でいることを余儀なくされる仕事に就いている人などでは、こうした腸の働きが弱くなっている人がひじょうに多く見られるのです。

 

お腹にガスが溜まる原因としてこうした長時間のデスクワークなどは見過ごすことができません。

 

特にデスクワークの場合、ガスが出るつまりオナラをしようとして臭いや音などが気になりまた他の人に迷惑をかける気がしてとてもガスを出せる状況ではありません。

 

またガスがたまりやすい人の場合、ガス抜きをするたびに席を立つというのも周囲からは異様に写るかもしれないのです。

異臭を放つガスが大量に発生

お腹にガスが溜まる原因とデスクワーク

ではなぜ長時間のデスクワークや座りっぱなしの仕事、同じ姿勢での作業などでガスがお腹に溜まりやすくなるかというと、同じ姿勢をとり続けることで臓器が下の方に下がって来て胃や腸を圧迫するからです。

 

腸は胴体の中でも最も下部に存在している臓器です。

 

そのため上にある肺や心臓、肝臓など大きな臓器の重みを常に受けていることになります。

 

こうしたことも随時異なる姿勢をとっていれば負担はほとんど無いのですが、あまりにも長い時間同じ姿勢でいると、半端なく臓器の重みがのしかかってしまうのです。

 

これにより腸に栄養を送る血管は狭くなり、腸の働きは活発さを失います。

 

腸の内部ではぜん動運動が弱くなり食物などが通常より長時間滞留するようになり、異臭を放つガスが大量に発生するのです。

 

このような時にはイスに座ったままでも身体を横にねじったり、背伸びをしたりして内臓の環境に変化を与えることが大切です。

寝不足・夜更かし | お腹にガスが溜まる原因

ここのところ仕事が忙しくて満足に睡眠の時間が取れていない、あるいは旅行などに出た際に時差の加減などで寝不足になった際などにやたらとお腹にガスが溜まるという経験をしたことがある人は多いと思います。

 

このような寝不足や夜更かしなどはお腹にガスが溜まる大きな原因の1つなのです。

寝不足が続くと自律神経が乱れる

お腹にガスが溜まる原因と寝不足・夜更かし

サラリーマンなどの方で帰りが遅くなる、御前様になる日が続くといったように極端に夜更かしすることになった際にもやはりお腹のガスは溜まる傾向になります。

 

こうした寝不足や夜更かしと、お腹にガスが溜まることには大きな関係があるのです。

 

寝不足や夜更かしをすると自律神経に大きな影響を与えることになります。自律神経は腸の働きをコントロールするという大切な任務も持っています。

 

そこで夜更かしや寝不足が続くと自律神経の中の交感神経と副交感神経の働きのバランスが崩れてしまいます

 

腸はこうした自律神経の乱れの影響をまともに受ける臓器です。

腐敗臭とともに大量のガスが発生

お腹にガスが溜まる原因と寝不足・夜更かし

ほんの2〜3日の寝不足や夜更かしであっても自律神経は影響を受け、腸の働きは鈍くなります。

 

腸の内部ではぜん動運動によって食物からさまざまな栄養分などが吸収されますが、この働きも鈍ってしまい食物が通常よりも長い時間腸内部にとどまることになります。

 

こうなると消化された食物などからは腐敗臭とともに大量のガスが発生し、多くは呼気やゲップ、オナラなどとして体外に出ますが、一部は腸の中に封じ込められて腸壁の血管に再吸収されることになります。

 

こうなると肌荒れや全身のむくみなどさまざまな不都合な症状が現れるようになります。寝不足や夜更かしをサプリメントなどで置き換えることはできません。

 

そのため仕事を要領よく切り上げて1分でも長く睡眠時間が確保できるように努力しましょう。