お腹にガスが溜まる原因と解消法

お腹にガスが溜まるとお腹が張ったようになりとても苦しいものです。お腹にガスが溜まる原因はどのようなことなのでしょうか。また解消法はあるのでしょうか。

ガスが溜まる原因-外部からの空気-

お腹にガスが溜まる原因と解消法

お腹に溜まるガスは大きく分けて2つあります。1つは外部から食事などを通して空気が入ってくるものです。

 

食事の際には意外と多くのガスを、食品や飲料水とともに飲み込んでしまうものです。

 

また飲み込む量には個人差がありますが総じて早食いのクセがある人はより多くの空気を取り込むと言われています。

 

また炭酸飲料などをよく飲む人もやはり身体の中にガスが溜まリやすいとされています。

 

ガスが溜まる原因-体内で発生するガス-

お腹にガスが溜まる原因と解消法

こうした身体の外から取り込まれるガスに対して、もう1つ自分の身体の中で発生するガスもあります。

 

腸では常に常在菌である善玉菌と悪玉菌とが覇権争いをしています。善玉菌が優勢の場合には問題はありません。

 

しかし肉類や脂質中心の食生活や運動不足、あるいはストレスの蓄積などで悪玉菌が優位になってくると一気に腸内環境は悪化してしまいます。

 

こうなるとインドール、スカトール、アンモニアなどひじょうに強い臭いを伴うガスが腸の内部に充満してガス溜まりと呼ばれるガスのかたまりができるようになります。

 

このようにガスは体外から取り込まれるばかりではなく、自分の身体の中からも発生しているのです。

 

さらに最近の研究では長時間イスに座りっぱなしのような状態はガスをいっそう発生させやすくするということがわかっています。

 

お腹にガスが溜まるとお腹が張って苦しいこともありますが、健康にももちろん良くありません。また、お腹に溜まったガスが腸から吸収されることで肌荒れなど様々な症状を引き起こしてしまいます。

お腹のガスを解消する効果的な乳酸菌の摂取方法

お腹にガスが溜まりやすいというのは、特に病気などではなく一種の生活習慣や気質などの原因がある場合がほとんどです。

 

そこで生活習慣をすべて今日から変えなさいと言われてもそれはほとんどの人が抵抗するでしょう。そこで手近かな、できることから始めるというのがよいでしょう。

オリゴ糖とヨーグルトを混ぜると相乗効果

乳酸菌の摂取方法

ガスがお腹に溜まりやすくなっているというのは腸内環境は乱れているのが最も大きな原因です。

 

そこで腸内環境を手軽に整えてくれるものを摂取するというのが良い方法です。一番のおすすめはなんといっても乳酸菌です。

 

乳酸菌は腸内環境の中ではいわば善玉菌の大御所のような存在です。

 

乳酸菌さえ充分に足りていれば、腸内環境は善玉菌が優位に立つのでお腹がはったりゴロゴロしたり、やたらガスがおならとして出るのを防ぐ効果があります。ただし乳酸菌をとるといっても少々コツがあります。

 

まず生きた乳酸菌を腸まで届けるには、最大の難関である胃を無事通過しなければなりません。

発酵食品で生きた乳酸菌を摂取

乳酸菌の摂取方法

それというのも胃の消化力はひじょうに強く鋼鉄の金属でさえ長時間付けておくと消化分解されてしまうといわれるくらいです。

 

また乳酸菌が無事腸内まで生きて届いても食料が充分になければ生きていくことはできません。

 

そこで乳酸菌のエサとなるオリゴ糖などを欠かさず食事に取り入れるようにしましょう。オリゴ糖とヨーグルトを混ぜて食べる習慣を付けると相乗効果による解消が期待できます。

 

毎朝出勤する前に欠かさずオリゴ糖入り乳酸菌を食べ続ければ2〜3週間もたつ頃には解消効果が現れるでしょう。

 

さらに最近注目されているのが植物性乳酸菌。キムチや納豆などの発酵食品に含まれている乳酸菌で胃酸にも強く、腸まで生きた状態で届き腸内環境を改善してくれます。

 

また、こうした発酵食品自体健康と美容にも良いので特に女性にオススメです。